2010年05月26日

「小沢反抗」への報復? 静岡県連に活動費支給停止(産経新聞)

 夏の参院選静岡選挙区(改選数2)で再選を目指す民主党の藤本祐司参院議員に対し、党本部が活動費の支給を止めていることが23日、分かった。党静岡県連への活動費支給も中断している。県連会長の牧野聖修衆院議員が、静岡市内で開かれた藤本氏の集会で明らかにした。

 静岡県連は、2人区に2人の候補を擁立する小沢一郎幹事長の方針に「2人が勝てる状況ではない」と抵抗。結局、小沢氏が県連の頭越しに2人目として新人の公認を決めた経緯がある。牧野氏によると、党役員が小沢氏の意向として、藤本氏と県連の活動費を出さないことを伝えてきたという。

 藤本氏は集会後、記者団に「3月末に100万円が入った後は届いていない。全員に聞いたわけではないが、2人区の別の現職には4月に100万円、連休明けに500万円入っている」と説明。牧野氏は「言うことを聞かないからカネを出さないという政党では恥ずかしい」と批判した。

【関連記事】
小沢氏、止まらぬ“剛腕” 地方の乱&支持率急落も無視! 
谷亮子、スポーツ担当相で入閣か…鳩山“起死回生”衝撃策
小沢氏、大物かつぎ出し成功で剛腕健在も…“人寄せパンダ”と批判の声
参院予算委詳報 自民・西田氏「でたらめを言ってもダメだ」 首相「失念していた」
小沢幹事長を無視? クロでも居残り議員が続々… 

<八街放火殺人>逮捕の男が事件後パチンコ 家賃も振り込み(毎日新聞)
証人「忌まわしい記憶、傷口に塩」 加藤被告弁護側の戦術を痛烈に批判(産経新聞)
小2女児刺した女は元看護師、父は「えらいことしてくれた」(産経新聞)
政権運営で自己点検を=首相に苦言呈す―連合会長(時事通信)
専門看護師の在り方などで議論−文科省検討会(医療介護CBニュース)
posted by 3号生筆頭 at 17:23| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。