2010年03月08日

インフルエンザウイルス迅速診断キットを共同販売―塩野義製薬(医療介護CBニュース)

 塩野義製薬は、ミズホメディーが2004年から製造・販売しているインフルエンザウイルス迅速診断キット「クイック チェイサーFlu A、B」を3月8日から発売した。塩野義製薬では、1月末から販売を開始しているインフルエンザ治療薬ラピアクタと共に販促を行い、「診断から治療までを通じて、患者のQOL(生活の質)改善に貢献したい」としている。

 「クイック チェイサーFlu A、B」は、▽インフルエンザAウイルス抗原とBウイルス抗原の判定・確認ラインが左右に分かれて判別しやすい▽抽出容器にくぼみがあり、試薬調製時の検体抽出の操作がしやすい―などの特長がある。価格は1箱10回用で1万1000円(税抜き)。


【関連記事】
膣委縮症治療薬でライセンス契約―塩野義製薬
インフル治療薬ラピアクタの小児適応を申請―塩野義
国内医療用医薬品の不振も、大幅な増収増益―塩野義製薬
経口投与困難ならラピアクタを―日本感染症学会が提言
新規インフルエンザ治療薬ラピアクタを発売―塩野義製薬

<掘り出しニュース>ばんそうこうで健康管理システム 血圧から気温まで(毎日新聞)
ユーチューブにバイク暴走映像=知人投稿、運転の男を逮捕−和歌山県警(時事通信)
参院選1次公認87人を発表=民主(時事通信)
市民記者メディア「JANJAN」 広告落ち込み3月末で休刊 (J-CASTニュース)
秋田市などで震度3の地震(読売新聞)
posted by 3号生筆頭 at 21:19| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月07日

大正のステンドグラス、なぜか紛失…宮崎(読売新聞)

 宮崎県が所有していた大正時代製のステンドグラス4組が紛失していることが、わかった。県は関係先や職員らから聞き取りを行っているものの、今のところ手がかりはないという。

 ステンドグラスは1923年(大正12年)、現在の県庁本館向かいにあった県公会堂で計8組使われていた。2枚1組で、縦59センチ、横124センチ。宮崎市の青島や、日南市・油津の海岸といった景勝地が描かれていた。

 公会堂の建設工事仕様書によると、天井の明かり取りの窓として取り付けられていた。価格や製造者は不明という。県庁に関する本を出版した元高校教諭で県文書センター職員の永井哲雄さん(75)は「公会堂は大阪の建設会社が建てており、資材の一部として大阪で作られたものではないか」と推察する。

 建物は老朽化が進み、69年に解体され、ステンドグラスは県庁本館の地下倉庫に保管された。破損がなかった4組は、83年5〜6月に県内のデパートなど4か所で開かれた「置県100年あゆみ展」で展示された。

 その後、県庁別館の倉庫に保管されたが、別館を取り壊すことになり、93年に再び本館へ移したはずだった。

 ところが、2007年に展示を見たという県民から「ステンドグラスはどうなっているのか」と、問い合わせがあり、捜したものの見つからなかった。

 県総務課は「展示にかかわった県総合博物館なども捜し、元職員にも尋ねたが、全くわからない。引き続き情報を集めたい」としている。

元親族男? 焼け跡に遺体 亀岡・放火 レンタカー押収(産経新聞)
空自の官製談合、幕僚長「悪意ないと思う」(読売新聞)
自宅に放火、母親を殺害容疑で男を逮捕 父親の葬式めぐりトラブルか(産経新聞)
韓国で仕入れた「シャネル」偽物販売 雑貨店経営者ら逮捕 (産経新聞)
岩手・久慈市では90センチ(時事通信)
posted by 3号生筆頭 at 06:50| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月06日

ストーブで寒さしのぐ避難住民「家屋が心配」 岩手・大船渡(産経新聞)

 昭和35年のチリ地震津波で死者・行方不明者53人を出した岩手県大船渡市では28日午前、大津波警報の発令を受けて、避難指示を出して住民に高台の公民館や学校に避難するよう、防災無線などで繰り返し呼びかけた。避難サイレンが鳴り響く中、大船渡港では8つの防潮堤を消防団らが午前11時半、すべて閉鎖。停泊していた漁船などは早朝から沖合に出て、津波に備えた。

 高台にある大船渡小学校には正午時点で、近隣集落から約20人が避難。体育館に4台のストーブが用意されたほか、毛布なども持ち込まれ住民に配られた。時折雪がちらつくくもり模様のなか、避難住民らは毛布にくるまるなどして寒さをしのぎ、不安な表情でラジオなどに耳を傾けた。

 家族と避難してきた同市浜町の清水春さん(87)は「早い段階からいろいろ情報が入ってきたので、余裕をもって避難できた。それでも自宅から持ち出せない荷物も多く、被害がないか心配だ」と不安そうな表情を浮かべた。

 近隣には高齢者のひとり暮らし世帯も多いという。浜町内会長の千葉隆美さん(60)は「町内を見回ってきたが逃げ遅れなどはない。隣近所で呼びかけ合って避難する訓練をしてきたのが活きた。あとは家屋被害や逃げる際の交通事故などが心配」と語った。

【関連記事】
「絶対、海に近づかないで」鳩山首相も呼びかけ 大津波警報で
沿岸部の鉄道各線、運転見合わせ相次ぐ 大津波警報受け
青森県八戸市内で3万人に避難指示 漁船も沖合に避難、大津波警報
地形によって予測より高い波も 気象庁HPに津波情報
静岡市も5万4837世帯に避難勧告 大津波警報で

<名古屋市地域委>公募委員40人当選…有権者参加8.7%(毎日新聞)
津波警報「もう1ランク設けたい」 中井防災担当相が検討表明(産経新聞)
大津波警報発令=青森から宮城の太平洋沿岸−気象庁(時事通信)
JR京浜東北・高崎・宇都宮線で運行見合わせ(読売新聞)
青森・岩手など除き、津波注意報を解除(読売新聞)
posted by 3号生筆頭 at 10:37| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。