2010年01月26日

ネットワークは粘菌に学べ 単細胞でも効率的な経路形成(産経新聞)

 脳や神経を持たない単細胞生物の粘菌がつくるネットワークをもとに、人間社会の交通網や情報ネットワークの最適化にもつながる理論モデルを構築することに、手老(てろう)篤史・科学技術振興機構研究員らの研究グループが成功した。22日発行の米科学誌「サイエンス」に発表した。

 研究グループの手老研究員や中垣俊之・北海道大准教授、小林亮・広島大大学院教授らは、「迷路を解く粘菌」の研究で、2008年に「イグ・ノーベル賞」を受賞している。

 実験に使ったのは、「モジホコリ」という真正粘菌。複数のエサを見つけたときに形成する栄養輸送ネットワークに着目し、輸送効率や迂回(うかい)ルートなどの機能を解析した。関東地方に見立てた寒天の主要駅に相当する場所にエサを配置し、粘菌をはわせたところ、JR東海道線など現実の鉄道網を、ほぼ再現するケースもあった。

 実験を重ねてネットワーク形成の“粘菌理論”を導き、コンピューターのシミュレーションで機能を検証した結果、現実の鉄道網よりも効率的で、事故などのリスクにも強いネットワークを見いだすことができたという。手老研究員は「理論の精度を上げ、インフラ整備などに生かせるようにしたい」と話している。

「大声うるさい」81歳妻が89歳夫を刺殺未遂(読売新聞)
小泉ジュニアや「美人市議」も登壇…自民党大会(読売新聞)
中国籍の男を逮捕 神戸の女性講師死体遺棄事件(産経新聞)
部下が無免許ひき逃げ、身代わり逮捕の上司釈放(読売新聞)
<押尾学容疑者>保護責任者遺棄致死罪で起訴 裁判員裁判に(毎日新聞)
posted by 3号生筆頭 at 15:31| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

小沢氏聴取へ 地検、矛盾突く構え 4億円原資 激しい応酬予想(産経新聞)

 東京地検特捜部の聴取要請から20日近くを経て、23日に実現する民主党の小沢一郎幹事長への事情聴取。4時間程度の予定だが、特捜部は、単に小沢氏の主張を確認するだけでなく、これまでの小沢氏側の説明への疑問点を確認し、矛盾を突く構えだ。限られた時間での激しい応酬が予想される。

 最大の焦点は、小沢氏の資金管理団体「陸山会」の土地購入に充てられた4億円の原資の説明だ。聴取時間の多くが、この点に費やされることになりそうだ。

 小沢氏側の関係者によると、小沢氏は、信託銀行の妻子名義の口座から引き出した資金など、当時保有していた4億数千万円の個人資産から用意したと説明するとみられる。

 これに対し、特捜部は多額の現金を長期間、自宅などで保管していたのは不合理とみて、理由をただす方針。また、特捜部は中堅ゼネコンの水谷建設(三重県桑名市)からの裏献金が含まれるとみている。

 陸山会の代表者である小沢氏が、元秘書らの虚偽記載をどこまで認識していたかについても確認する。逮捕された衆院議員の石川知裕容疑者(36)ら3人は、いずれも小沢氏への報告や了承などを否定。小沢氏も認識を全面否定するとみられる。

 小沢氏側は1回限り聴取に応じるとしているが、特捜部が説明内容に疑問点が多いと判断すれば、再聴取を要請することもあり得る。

【関連記事】
民主「広がる不安感」選挙や国会への影響懸念
小沢氏を任意聴取 東京地検
小沢氏余裕「いつでも説明」 潔白と権力保持へ強気
小沢氏聴取、焦点は「関与」「原資」
ほころび目立つ小沢氏の主張 3年前の釈明会見を検証する

<訃報>土方与平さん=秋田雨雀・土方与志記念青年劇場顧問(毎日新聞)
<原口総務相>検察側への注文だった…「関係者」発言で弁明(毎日新聞)
大阪府の法人2税が1300億円減り2000億円に 昭和50年並みに (産経新聞)
飽和状態…都市部から地方へ 弁護士さん就活激化 滋賀・島根10年で登録倍増(産経新聞)
「家族殺す」と女子中生脅す=容疑で大学生逮捕−大阪府警(時事通信)
posted by 3号生筆頭 at 02:03| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。